Opening Hours

Weekdays

        9:00-17:00  (Last entry is at 16:30)

Weekends & Holidays

  Spring: 9:00-20:00  (Last entry is at 19:30)[Mar, Apr, May]

  Summer: 9:00-21:00(Last entry is at 20:30)[Jun, Jul, Aug]

  Fall: 9:00-20:00(Last entry is at 19:30)[Sept, Oct, Nov]

  Winter: 9:00-19:00(Last entry is at 18:30)[Dec, Jan, Feb]

*Illumination starts after sunset therefore the start time varies.

*Last call for tea at the tea house is 30 minutes prior to last entry.

021_S9473 (Large).jpg
 
竹林(宝木堀).jpg

Wakayama Farm, Inc.

Founded: February 1, 2017
Capital: ¥9.9 million
CEO: Taro Wakayama
Number of employees: 12 (as of January, 2021)

 

 About Wakayama Farm, Inc

Wakayama Farm is a three-generation farmer, with 24 hectares land, dedicated to harvesting bamboo shoots and chestnuts by the circular-agricultural method. 

  The history of Wakayama Farm dates back to about 350 years ago when the Wakayama family’s ancestors first settled in this land and cultivated the vast wild forest. For centuries the Wakayama Family has cultivated many different crops. The first turning point was about 100 years ago when Zenzo Wakayama who studied modern agriculture at the university decided to focus the business on bamboo shoots and chestnuts by the circular-agricultural approach and then Wakayama Farm was founded. 

  The Second-generation Yukio Wakayama advanced the business further. Amid the fast expansion of plastics and imported petroleum products during the mid-20th century, Yukio developed new processing technologies for bamboo materials and new bamboo varieties. 

  The Third-generation Taro Wakayama, current CEO of Wakayama Farm, Inc., shifted the focus away from the bamboo as strictly utility plant to introducing it into comprehensive landscape design and recognized how bamboo enhances the urban cityscapes. Today, Wakayama Farm is the largest and one-of-a-kind bamboo nursery in Japan. 

  Wakayama Farm, Inc. focuses on harvesting bamboo shoots and chestnuts, producing wide range of varieties of bamboos for landscaping, and use the bamboo forest for ecotourism.

take-18_4cres_edited.png
竹林管理

竹林から分け与えられる全ての資源を有効活用することを目標とし、21㌶(約10万本)におよぶ竹林を毎年休むことなく間伐など徹底管理する。持続可能(サスティナブル)な緑地の形成と、それにより発生する毎年2万本程の間伐竹材の有効活用(カーボンニュートラルの徹底)を目指す。

​​さらに、徹底管理された竹林としてのロケーションを有効活用していく。

筍の生産・販売.jpg
A. 筍の生産・販売

自然循環型農法(竹チップ還元)による徹底した栽培管理により採れた農産物を東京市場や飲食店などに直接流通および直売にて販売。

​詳しくはこちら

竹苗の開発・生産・販売.JPG
B. 竹苗の生産・販売

実生選別育種による品種改良に取り組み、オリジナル品種矮性孟宗竹「 ヒメアケボノモウソウチク 」を中心に、植木としての竹苗を生産・販売。 都心を中心とした空港、ホテル、商業施設など再開発地域に多くの実績あり。

​詳しくはこちら

竹チップ.jpg
C. 竹材の生産・販売

竹林管理から発生する間伐竹材を牡蠣養殖用筏竹・門松用・割竹・ 造園用小径竹等への生産・販売。および、竹チップの製造・販売。

​​詳しくはお問い合わせください。

ロケーション事業.jpg
D. ロケーション事業

映画、CM、ドラマ、PVなどのロケ地利用や、コンサート・食事会・催事などへの場所の貸し出し。

ロケーション利用申込書(価格表)を確認したい方は、ダウンロードページへ。

※ダウンロードページのパスワードはお問い合わせください

竹林観光.jpg
E. 竹林観光

竹林散策、夜のライトアップと竹灯り、竹器でお抹茶、その他竹工作や各種イベントの開催など。

​詳しくはこちら

Wakayama Farm's SDGs

100年以上に渡り、竹・筍・栗の栽培を行ってきた若山農場。今生きている我々だけではなく、 未来の世代にも豊かな自然資源を継承するためにSDGsに賛同します。

sdg_icon_08_ja_2.png
sdg_icon_11_ja_2.png
sdg_icon_12_ja_2.png
sdg_icon_13_ja_2.png
sdg_icon_15_ja_2.png
 

Downloads

各種パンフレット、広報用の写真、及びロケーション利用の申込書等をダウンロードできます。ダウンロードページへのアクセスには、パスワードが必要です。パスワードは受付までお電話、またはメールでお気軽にお問い合わせください。

Tel:028-665-1417
Email:contact.wakayamafarm@gmail.com